×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

■へそひかり倉庫


●猫谷 復刊!!●

●猫谷復刊!! 「改訂版 猫谷」 青林工藝舎HPと一部の書店にてサイン本販売中!!(※今は販売していません)

 


●小松崎茂 MIX-UP ジェフ・ミルズ HMV特典ステッカー

この画像は熱烈なSOUNDGARDENファンのH氏よりいただきました。


 

●ホラーM6月号に最新作「トン子ちゃん」掲載!

[2007.5.7]


●「猫谷-Delux Edition-」復刊!!青林工藝舎より5月下旬発売予定

●「新潮45」4月号に「拘置所の一日 刑務所の24時間」(イラスト4P)掲載 !

 

[2007.4.28]


●34人の著名人がラムちゃんを描く「うる星やつら(新装版)」10巻 にイラスト・エッセイ掲載!


●かなしいお知らせ「不成仏霊童女」続 発売延期。
3月30日発売予定。

 

 

 アンケート設置しましたので、
ぜひご協力下さい
 

 

 

 

[07.3.19]


●かなしいお知らせ「不成仏霊童女」続 発売延期。
3月30日発売予定。

[07.2.28]

●「奇想天外」Ver2・0に新作「女主人(16P)」掲載!

[07.2.26]


[07.2.8]


 

 


●「無惨絵」復刻予定!(丸尾先生談

●「奇想天外」Ver2・0に新作掲載予定!(詳細はBBSを

●うれしいお知らせ「不成仏霊童女」続 2月28日発売予定!

 

[07.2.4]


■-最新単行本 水精 (復刊)!

■-刑務所の中 (文庫版)

[水精が出たくらい〜07.2.4]


 

●うれしいお知らせ「不成仏霊童女」二 2月下旬発売予定!

[07.1.7]


●ホラーM2月号に最新作「不成仏霊童女 天罰」掲載!

[07.1.7]


[cgiが消える少し前から2006.12.17のtop画像]


●幽yoo【ゆう】vol.6  12/8発売に最新作、「祟り」8P掲載。

[2006.12.9]

●ホラーM2月号1/6発売に新作掲載予定。

[2006.12.6]


[2006.12.3]


●全画業に「怪星ガイガー・八百八狸」杉浦茂(イラスト)を追加しました。

[2006.12.1]


↑左から L'ANTI-LION1、2、山芽ちゃんのポストカード、福山知佐子さんのポストカード。

通販ができるとおっしゃっていたので、欲しい人は連絡してみてください。

L'ANTI-LION 発売元
------------------------
球形工房
03-5388-6607
jdw07203@nifty.com
------------------------

[2006.11.12]


■-ぼくらの小松崎茂展

小松崎茂先生は花輪先生が最も好きなイラストレーターの一人で、

花輪先生は小松崎先生の孫弟子にあたるのだ!

子どもたちの夢やあこがれを描き続けた画家 「ぼくらの小松崎茂 展 」 

10/7〜12/3 ていぱーく(逓信総合博物館) にて開催。

 

←花輪先生の宝物は小松崎先生の原画だった!(スターログのインタビューより)


愛知・北海道×2・北九州と巡回してきた大展覧会で、この東京が最終らしいです。

金曜日は20:30まで空いているので、僕は金曜に行きました。ていぱーくが閉まった後は外の電気が消え、暗くてとても寂しいですが、入ってすぐのロビーには昭和ロマン館でしかみられない小松崎先生のドキュメントビデオが流れ、何より500点の展示は圧巻で、素敵な世界が広がっています。

会社帰りと思われるサラリーマンの方々が、ぞくぞくといらして、そこで出会ったと方々と会話をしながら回られていたのが印象的な展覧会でした。

参考リンク ■ぼくらの小松崎茂展 (TADAさんのブログ)

←MIX-UP Vol.3 ケン・イシイ 1996

空飛ぶバイク、イシイ社製・テンペスト号が未来都市を疾走していく。後ろから迫るのはタイフーン号。


ジェフ・ミルズ 宇宙人DJ出現!! 

宇宙コロニーに作られた未来のダンスホール(1996)

フミヤ・タナカ 黙進地底戦車 

とれま社製のドリル戦車が地底を突破していく。(1996)

  


世代を超えて少年少女たちの夢を育て、魅了し続けた画家、小松崎茂(大正4-平成13)。彼の豊かな想像力は、少年ヒーローが活躍する絵物語をはじめ、臨場感みなぎる戦記物やSFなど多彩な分野で発揮されました。
  幼い頃から絵を描くことが好きだった小松崎は16歳で日本画家に師事しますが、やがて挿絵画家に転向。昭和13年から新聞連載の挿絵を手がけるようになり、迫真の戦闘場面を描いた科学雑誌「機械化」で画才を開花させました。 戦後は少年誌に「地球SOS」や「大平原児」などの代表作を次々と発表し絵物語作家として一世を風靡します。その後、「週間少年サンデー」や「週間少年マガジン」などの表紙や口絵で活躍する一方、戦車、戦闘機、戦艦や「サンダーバード」などのプラモデルの箱絵を数多く描きました。また、テレビ全盛期には「ウルトラマン」「マジンガーZ」などのキャラクターのイラストレーションを手がけます。その斬新なアイデアは、東宝の特撮映画「地球防衛軍」などのデザインに存分に活かされています。さらに晩年は、記念メダル、切手、音楽CD、ゲームソフトといった新たなメディアに挑み、生涯現役を貫きました。
  小松崎茂の大回顧展となる本展では、初公開の初期日本画や丸の内、銀座、浅草など戦前の東京を描いたスケッチをはじめ、絵物語や口絵の原画、プラモデルのパッケージ、メカデザインを提案した特撮映画資料など500余点を一堂に展示します。
(↑フライヤーの裏より)

 

←デリック・メイ 首領DJ 惑星捜査 

ある惑星に初めてのDJとして降り立ったデリック・メイ。(1997)


※CD画像は熱烈なtoeファンとして有名なH氏に提供していただきました。

[2006.10/7〜12/3]


[2006.7.1〜2006.9.24]


Copyright (C) Hanawadaimyoujin Hesohikari All rights reserved. Never reproduce or republicate without written permission.

 

花輪作品注釈